創部からの歩み

創部からの歩み

日付

内容

 

<2011年>
6月29日

 創部に向けた第一歩。
 ソフトボール部/野球部出身者により練習開始。

       
8月2日

「TKM7」創設記者会見。
 日本ラグビーフットボール協会ジャパンクラブにて開催。

  
8月8日

 女子7人制ラグビーチーム「TKM7」正式創部。
選手6名からのスタート

<2012年>
5月13~15日

 春合宿開催。
 新メンバーが加わりチーム初の合宿を山梨学院大学で行う。

5月19日 

「HSBCアジア五カ国対抗2012」エキシビションマッチ。
「女子15人制日本代表vs女子15人制香港代表」にチーム初の日本代表 横山里菜子選手が出場。 

 7月2日

TKM7創部1周年記念の 記者会見と祝賀会を開催。

9月30日 

 初の15人制ラグビーに挑戦。
第23回関東女子ラグビー大会」に合同チームとして7名の選手が出場。

 11月11日

 初の公式戦。
第1回横浜市女子セブンズ大会」に出場。

<2013年>
2月24日

「第4回関東地区Seven’s in KUMAGAYA 」  に出場。

3月17日 

「Japan Womens Sevens 2013」にPHOENIXとの合同チームで出場。

 4月  TKM7から『TKM(戸塚共立メディカルラグビーフットボールクラブ)』にクラブ名を変更。   
 10月26~27日

「アジアパシフィック女子セブンズ2013」の女子7人制日本代表に三村亜生選手と山田怜選手が選出。両選手ともに入職2年他競技から転向した選手たちです。

<2014年>
5月~7月

日本ラグビーフットボール協会主催国内初のサーキット大会 「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ」が創設され、初年度は龍ケ崎大会、札幌大会、横浜大会が開催された。

6月2日 

 神奈川県警察本部の「痴漢撲滅キャンペーン」にキャプテン鈴木育美が一日警察署長となり、チーム全員で啓発チラシを配布。痴漢の被害防止を呼び掛けた。

 7月  日本オリンピック委員会が策定する「アスリートプログラム」により、鈴木育美、
 三村亜生、山田怜の3選手が2014年度のオリンピック強化指定選手に認定。 
 8月

『YOKOHAMA TKM』にクラブ名を変更

 11月23日 「第1回全国女子ラグビーフットボール大会」にARUKAS QUEEN KUMAGAYA 、東京PHOENIXとの合同チームPTA15’s」として出場
 12月16日

 車いすラグビーチーム「横濱義塾」とダイバーシティ推進活動のパートナシップを締結。スポーツを通して障害者への理解と心のバリアフリーの促進を図り、多様な個性を尊重し、違いに価値を見いだせる社会づくりを目指した活動を始める。

<2015年>
5月23日 

「女子アジアラグビーチャンピオンシップ2015~女子15人制日本代表vs香港代表」に山あずさ選手と日向寺亜依選手が出場。日本代表はアジアでチャンピオンとなる。

 8月15,16日

 関東ラグビーフットボール協会主催   YOKOHAMATKM特別協賛
「YOKOHAMA TKMピンクリボンカップ」を開催(長野県菅平)。

 9月6日   「ラポールの祭典 2015」で車いすラグビーチーム『横濱義塾』のサポートスタッフとしてウィルチェアーラグビー体験会に参加。(障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール)
 12月5日

 戸塚区地域振興課「YOKOHAMA TKMによるラグビー教室」開催。

 12月11日

 戸塚警察署交通課主催「年末の交通事故防止運動 ~ 飲酒運転根絶キャンペーン」 に三村亜生選手と山田 怜選手が一日 警察官 となり、チーム全員 でJR戸塚駅前で飲酒運転 の根絶 を呼 び掛けた。